2011年05月20日

庭も大事ですよ


ぽかぽか日和が続いています。
気をぬくとウトウトしちゃいそう。
編集部は、いよいよ締切が近づきつつあり、
福井に富山にと毎日北陸をとびまわってます。
どこでもドアが欲しいな。
そう思わずにはいられない、編集部Dです。
こんにちは。


照明記事につづき、
秋号では庭の記事も企画しています。
庭師さんに色々とお話を伺っていますが、
庭の世界って想像以上に深いっっ!
そう感じるひとつのエピソードを今回紹介したいと思います。


みなさん、
日本庭園を訪れた時に、飛び石の上を歩いたことはありますか?
飛び石とはこんな感じのやつです。↓


110520_01.jpg


この打ち方にも色んな流儀や技があるそうなんですが、
無知な私めは、足下ばっかに気を取られて歩いてました。
けれどそれって非常にもったいないことなんですね!
というのも、庭師さんは、飛び石を打つ時に
ちょっとした仕掛けをしているらしいんです。

その仕掛けを発見するには、
「ここだけ歩きづらいな」って思ったり
「あれ?さっきとちょっと様子が違うな」
という小さな変化を見逃さないことです。

なぜかというと、
この変化のあるところが
庭師さんが最も自信をもつ庭園のベストビューポイントだから!
「立ち止まってじっくり眺めてよ!」
と、実はひそかにメッセージを送ってくれていたんです。


だから
ちょっと他の石よりも高くしてみたり、
そこだけやたらと石を多くしてみたり、
わずかに石と石との間隔を離してみたり
…という、わずかな変化を、
意図的に仕込むそうなんです。

いやぁ、庭の世界ってすごいですよね。
つまりこれを知っておけば、
庭園のベストビューを楽しめるということ。


110520_02.jpg


みなさんも日本庭園に訪れる時は、
庭師さんの意図を感じながら
歩いてみてはいかがでしょう。
違った楽しみ方ができるかもしれません。

そんなわけで、
庭記事取材の時のこぼれ話でした。


(編集部D)



人気ブログランキング




posted by 家づくりナビ編集部 at 13:48 | TrackBack(0) | 取材関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。