2011年04月07日

花は桜 君は美し

110407.jpg


未曾有の震災が起こっても、それでも月日は経っていく―。
あれから1ヶ月が経とうとしていますが、
日々を過ごす中でどうしても心が晴れることもなく、
一方では憎らしいほどの春の陽気。
自分にできることは募金ぐらいしか思いつかないのですが
私も傍観者ではなく当事者として、
少しでもできることをやりながら日々過ごしています。



ところで、既に暦は4月。街では制服を着た新入学生や
リクルートスーツを着た新入社員を見かけます。
若々しさが羨ましくもあり、昔を思い返す……
そういう方も多いのはないでしょうか?


しかし、自分のことを思い返してみると、
高校の入学式も、大学の入学式も、ほとんど記憶にありません。
そればかりか、私の場合は就職活動を1度たりともしなかった関係で
リクルートスーツを着たことすらありません。
別に社会をなめていたとかいうことではなく
単に自分のやりたい勉強を続けたいがための行動だったのですが、
今こうやって働けていること自体、本当に不思議で仕方ありません。

このように書くと、一生懸命就職活動をした人たちからは恨まれそうですが
その代償としてフリーター時代がとても長かったため、
周囲を見ては羨ましいなあと思ったものです。


そういった関係で、毎年この桜の時期がやってくると、
新社会人の群れが羨ましくて仕方ありません。
図書館の窓から見える桜をポツンと一人で見上げていたこと、
どうしても辛かった時期を思い出してしまいます。
お花見をしたこともありません…



しかし、どんなに辛いことがあっても、季節は巡り、花は咲きます。
数年後・数十年後、もしかすると、この春新生活を迎えた方の中には、
「あの年は大きな地震があったね」と思い出すことがあるかもしれません。
「…でも、いいことも、もっとあったね!」と言えるような、
今年の桜が描き出す情景が、皆さんにとって辛い思い出ではなく、
「いい思い出」として笑って振り返られるような。

そんな活躍を祈っています。


(Web担当H)



人気ブログランキング




posted by 家づくりナビ編集部 at 21:27 | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。